撮影機材について

このサイトで公開している写真の撮影に使っている機材を紹介します。

デジタル一眼レフカメラ

EOS5D3

Canon EOS 5D Mark III

6台目のデジタル一眼レフカメラで、35mmフルサイズデビュー。APS-C、APS-Hにはない、じっくりと撮影する実感が沸きます。鉄道にスナップに、オールラウンドに活躍中。(2013.1〜) 

EOS-1DMarkIV

Canon EOS-1D Mark IV

EOS Digitalのフラッグシップ機。ついに禁断のフラッグシップ機に手を出してしまいました……。使いこなしが難しいかな?なんて思っていましたが、そんなことはなく、むしろ他のカメラよりも使いやすい。さすがプロの道具です。アマチュアが使っても良質な写真を連発してくれます。購入からそれなりの期間が経過し、最近は出番も少ないことから機材整理により引退。(2009.12〜2013.11)

EOS60D

Canon EOS 60D 

撮影対象が一段落してから機材の整理を行い、フラッグシップ機1台で過ごしていましたが、どうしても機動力に劣る状態にストレスを感じ、サブ機として導入しました。二桁機ですが、気軽に撮影する分には十分な操作性と画質です。EOS 7Dと比べられることもありますが、大きさ・重さの機動力は確実に60Dの方が上です。(2011.8〜2013.4)

EOS7D

Canon EOS 7D 

EOS 7D。デジタル一眼レフとしては3台目、コンパクトデジタルカメラから数えると7台目のデジカメ。EOS 40Dから操作感が変わりさらに扱いやすくなりました。EOS-1D Mark IVの導入で動画用、テレコン代わり、サブ機として撮影に持ち出していましたが、中央線201系の引退と同時に使いどころに困るだろうと思い、使ってくれる人に譲渡しました(2009.10〜2010.10)。

EOS40D

Canon EOS 40D

ライブビュー、交換式スクリーン、ファインダー倍率向上など、地味な機能向上でEOS 30Dよりも断然使いやすい機種でした。
再び引き取り手が現れ手元を離れましたが、私のデジタル一眼レフのスタイルを固めた思い入れのある一台です(2007.8〜2010.2)。

EOS 30D

Canon EOS 30D

念願の初・デジタル一眼レフ。
強力な相棒として活躍しましたが、2007年9月に「引き継ぎ」を行い手元を離れる(2006.6〜2007.8)。

レンズ

EF300mm F2.8L IS II USM

 

EF70-200mm F2.8L IS II USM

 

EF24-70mm F2.8L II USM

 

EF16-35mm F2.8L II USM

 

 

EF50mm F1.4 USM

 

EXTENDER EF1.4x III

 

EXTENDER EF2.0x III

 

コンパクトデジタルカメラ

 

Canon PowerShot S200

 

 

Canon PowerShot S95 (引退)

 

Canon PowerShot S90 (引退)

 

 

RICOH GX100 (引退)

 

その他の撮影機材

 

GITZO GT3541XLS
自由雲台 KTS PRO-50(橙)

 

 

Velbon NeoCarmagne 540
自由雲台 KTS PRO-50(黒)